会衆(読み)エシュ

デジタル大辞泉の解説

え‐しゅ〔ヱ‐〕【会衆】

(ほうえ)・説法などに集まった人々。

かい‐しゅう〔クワイ‐〕【会衆】

会合・集会などに寄り集まった人々。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

え‐しゅ ヱ‥【会衆】

〘名〙 仏語。
① 説法などの法会に参集した人々。かいしゅう。〔大法鼓経‐上〕
② 一宗一派で教学、財政などのことを評議する集会の議員。
※高野山文書‐応永二七年(1420)七月二〇日・学侶評定事書案「但使可下御人数は、三所より御下部三人、定使、上使、其外会衆之上十人可下事」

かい‐しゅう クヮイ‥【会衆】

〘名〙
① 多数寄り集まった人々。参集した大勢の人々。
※続日本紀‐文武二年(698)三月辛巳「禁山背国賀茂祭日会衆騎射」 〔班固‐西都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android