コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレシストキニン8 コレシストキニンはち cholecystokinin-8; CCK-8

1件 の用語解説(コレシストキニン8の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレシストキニン8
コレシストキニンはち
cholecystokinin-8; CCK-8

食物中の脂肪や脂肪酸などにより十二指腸粘膜から放出される消化管ホルモン。胆嚢 (たんのう) の平滑筋を収縮させて胆汁の分泌を促進させる作用を持つ。 CCK前駆体は 115個のアミノ酸より成るが,修飾を受けてN末端側が短縮し,CCK-39,CCK-33,CCK-8,CCK-4などが生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コレシストキニン8の関連キーワード短鎖脂肪酸異種脂肪高度不飽和長鎖脂肪酸シス脂肪酸十二指腸炎食事脂肪トランス不飽和脂肪酸ビタミンA脂肪酸エステル酪酸価脂肪酸 (fatty acid)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone