コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コレシストキニン8 コレシストキニンはちcholecystokinin-8; CCK-8

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コレシストキニン8
コレシストキニンはち
cholecystokinin-8; CCK-8

食物中の脂肪や脂肪酸などにより十二指腸粘膜から放出される消化管ホルモン。胆嚢 (たんのう) の平滑筋を収縮させて胆汁の分泌を促進させる作用を持つ。 CCK前駆体は 115個のアミノ酸より成るが,修飾を受けてN末端側が短縮し,CCK-39,CCK-33,CCK-8,CCK-4などが生じる。 CCK-8は,CCK-39や CCK-33よりも活性が5~6倍高い。 CCK欠乏症は肥満を誘導すると考えられ,CCKは小児肥満症の治療薬として期待されていたが,胆嚢の収縮作用のため実用化には至っていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android