胆嚢(読み)たんのう(英語表記)gallbladder

  • たんのう ‥ナウ
  • たんのう〔ナウ〕
  • 胆×嚢

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肝臓下面の嚢窩にある長さ 9cm,幅 4cm程度の袋。肝管から胆嚢管を経て胆汁を受け入れ,濃縮して貯蔵する。この胆汁は十二指腸食物が入ると,胆管,総胆管を経て,十二指腸に排出される。胆嚢炎胆石症のほか,胆嚢の緊張が不十分で胆汁の分泌障害を起こす胆嚢アトニー症などもこの部位に起こる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

肝臓でつくられる胆汁を一時ためて置く袋。ヤツメウナギ,一部の鳥類・哺乳類を除くすべての脊椎動物にみられる。ヒトの胆嚢は肝臓の下面に接着し西洋ナシ形で,後上端は細くなって胆嚢管となり,肝臓からくる肝管と合して総胆管として十二指腸内に開く。
→関連項目肝臓胆石胆道癌胆嚢炎マイクロ波凝固治療

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肝臓から分泌されて総肝管を流れてきた胆汁をためておく嚢で、ナスビ形をしており、肝臓下面の胆嚢窩(か)に収まっている。胆嚢は体(たい)、底(てい)、頸(けい)の3部分からなり、広い底部は丸く盲端となって前下方に向いている。底縁は第9~第10肋軟骨(ろくなんこつ)の下方で肝臓前縁から1~1.5センチメートルほど突出して前腹壁に接する。底部の後方は胆嚢中央部の体部で、これから頸部が続き、その上端からおこる胆嚢管(長さ約3センチメートル)は、肝門で急に屈曲し、肝臓からくる総肝管(長さ約7~8センチメートル)と合流して総胆管(輸胆管)となる。総胆管は、さらに十二指腸下行部の後内側壁で膵管(すいかん)と合して十二指腸内壁の大十二指腸乳頭に開口する。この部分は十二指腸内腔(ないくう)に突出し、とくに輪走筋が発達している(これを「オッディの括約筋」とよぶ)。この筋が緩むと、胆汁や膵液が十二指腸に流れ出る。

 胆嚢の大きさを日本人の平均でみると、長さ6.8センチメートル、幅3.8センチメートル、容積50~60ミリリットルとなる。胆嚢の内面は、豊富な粘膜ヒダ(襞)が縦横に走り、細かい格子状を呈しているが、胆汁が充満するとヒダはほとんど消失する。胆嚢に分布する神経は自律神経で、そのうち、副交感神経は胆嚢の収縮とオッディの括約筋の弛緩(しかん)を促進させ、交感神経は血管運動に関与する。このほか、胆嚢には痛覚神経も分布している。

[嶋井和世]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 肝臓からでている輸胆(ゆたん)管に付属する袋状の器官。人では長さ八センチメートル内外の茄子(なす)状で、肝臓の右葉下面に位置する。肝臓から分泌された胆汁を一時貯え、必要に応じて輸胆管から十二指腸へと送りこむ。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

胆嚢の関連情報