修飾(読み)シュウショク

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐しょく〔シウ‐〕【修飾】

[名](スル)
美しく飾ること。よく見せるために上辺を飾ること。「過大に修飾して話す」
文法で、ある語句が他の語句の意味を限定したり詳しくしたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしょく【修飾】

( 名 ) スル
飾り立てること。実質以上につくろい、整えること。 「話に-が多い」
文法で、ある語句が他の語句にかかって、その意味をくわしくしたり限定したりすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐しょく シウ‥【修飾】

〘名〙
① 美しくかざること。欠点を隠そうとして、また、実質以上に見せようとして、つくろいかざること。
※吾妻鏡‐文治五年(1189)一二月九日「即加修餝于当寺之額
※古今著聞集(1254)七「美福門の額の字を修飾すべきよし、宣旨をかうぶりける時は」 〔論語‐憲問〕
② 文法で、体言・用言に対して、その性質、状態、数量、程度などを限定するために他の語を添えること。日本語では、修飾する語は修飾される体言、用言に先立つ。→修飾語
※広日本文典(1897)〈大槻文彦〉二六八「副詞は、動詞に副ひ、或は、形容詞、又は、他の副詞にも副ひて、其意味を種々に修飾する語なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の修飾の言及

【修飾語】より

…文法用語。一まとまりの意味を表す2文節以上の連接において,一方が他方に従属しつつその意味内容をいい定めているとき,前者は後者を〈修飾する〉といい,前者を修飾語,後者を被修飾語という。言語によっては,修飾語が後行する場合もあるが,日本語では修飾語は常に被修飾語に先行する。…

※「修飾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修飾の関連情報