修飾(読み)シュウショク

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐しょく〔シウ‐〕【修飾】

[名](スル)
美しく飾ること。よく見せるために上辺を飾ること。「過大に修飾して話す」
文法で、ある語句が他の語句の意味を限定したり詳しくしたりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうしょく【修飾】

( 名 ) スル
飾り立てること。実質以上につくろい、整えること。 「話に-が多い」
文法で、ある語句が他の語句にかかって、その意味をくわしくしたり限定したりすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の修飾の言及

【修飾語】より

…文法用語。一まとまりの意味を表す2文節以上の連接において,一方が他方に従属しつつその意味内容をいい定めているとき,前者は後者を〈修飾する〉といい,前者を修飾語,後者を被修飾語という。言語によっては,修飾語が後行する場合もあるが,日本語では修飾語は常に被修飾語に先行する。…

※「修飾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修飾の関連情報