コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥満 ひまん

知恵蔵の解説

肥満

体脂肪率」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひ‐まん【肥満】

[名](スル)からだが普通以上にふとること。「肥満しないように運動する」「肥満体」
[補説]日本肥満学会では、体重と身長から割り出される体格指数が25.0以上の場合を「肥満」としている。→体格指数

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

肥満

体脂肪の過剰に蓄積した状態。成人の体脂肪率は標準約一八%で、これを超えた状態を肥満という。体脂肪を直接測る方法はかなり煩雑で、一般に(1)のような判定基準を用いる。また、体格指数として測定されるBMI(2)が二五以上の場合も肥満。
(1)肥満度(%)=〔(体重-標準体重)÷標準体重〕×一〇〇 ※標準体重=身長(m)2×二二
(2)BMI=体重(kg)÷身長(m)2

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

肥満

 脂肪組織が過剰に増えている状態.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひまん【肥満 obesity】

皮下に過剰に脂肪が蓄積した状態。肥満は文明病とされ,発展途上国では一部の特権階級を除いてほとんどみられないが,欧米など先進国では40歳を超えると3~4割の肥満者が存在するといわれている。日本でも高度成長期の1970年以降増えつつあり,40歳以上で約3割の人が標準体重より20%以上の過剰体重を示すようになった。最近では重症の小児肥満も多くなり,社会的・教育的問題になっている。肥満が今日問題にされているのは,法定伝染病,結核のような感染症が栄養状態の改善や医療の進歩によりほとんど死に至らない病気になったのに対し,糖尿病,高血圧脳卒中,心臓病などの成人病が死亡の主因となり,肥満がその発病の誘因として大きく関与しているからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひまん【肥満】

( 名 ) スル
体が肥えふとること。 「 -しやすい体質」
〘医〙 体脂肪が体重の30パーセント以上を占める状態。一般に、体重が標準体重より10~30パーセント多い場合をいうことが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥満
ひまん

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の肥満の言及

【脂肪細胞】より

…この繊維は脂肪細胞ないし脂肪芽細胞が形成したものである。皮下や腹壁などの脂肪組織に脂肪細胞が増加し,かつそれぞれの細胞が大量の脂肪滴を蓄えると肥満が起こる。逆に,飢餓に陥ると脂肪細胞の脂肪滴は減少ないし消失する。…

【動脈硬化】より

…すなわち,血糖からみた糖尿病の重症度と血管障害発生との間に相関がなく,また血糖をコントロールしておいても血管障害が発生する場合のあることなどから,高血糖は糖尿病における粥状硬化の主要な病因にはなりえないという説が提唱されている。糖尿病(4)肥満 肥満そのものが動脈硬化の悪化因子として強調された報告は少なく,高血圧,高コレステロール血症,喫煙の習慣などが伴うと高度に動脈硬化を悪化させる。肥満(5)ストレス 動脈硬化症には当然代謝異常としての身体面の異常が存在するわけであるが,この代謝異常には心理的な問題が影響を与えることが知られている。…

※「肥満」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

肥満の関連情報