コロイド粒子(読み)コロイドリュウシ

精選版 日本国語大辞典の解説

コロイド‐りゅうし ‥リフシ【コロイド粒子】

〘名〙 気体・液体・固体中に、分散してコロイドの状態にある微粒子。粒子の大きさは、直径 10-5 ~ 10-7 センチメートル程度。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

コロイド粒子
コロイドリュウシ
colloidal particle

直径がだいたい 10-7~10-9 m 程度の固体あるいは液体の分散粒子をいう.目的によっては 10-6 m 程度のものでもコロイド粒子とよんでいる場合もある.[別用語参照]コロイド

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android