コロフォーム組織(読み)コロフォームそしき(英語表記)colloform texture

岩石学辞典「コロフォーム組織」の解説

コロフォーム組織

自由な空間で,円く多少球状の形となったコロイダルおよびメタコロイダルの物質に用いる.この語は物質の形状ににも用いるもので,条件は関係がない.完全に非晶質のものがある中で,コロイダル形のが結晶質でできているものがある[Rodgers : 1917].ペティジョンはコロフォーム組織をゲル(gel)が凝固(coagulate)した結果できた堆積岩に用いた[Pettijohn : 1975].エドワードウーライト(oölite)が層状に集積した構造に用いた[Edward : 1954].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android