コロモガイ(読み)ころもがい(英語表記)Spengler's nutmeg

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロモガイ
ころもがい / 衣貝
Spengler's nutmeg
[学]Sydaphera spengleriana

軟体動物門腹足綱コロモガイ科の巻き貝。房総半島以南の西太平洋に広く分布し、水深10~30メートルの砂泥底にすむ。殻高65ミリメートル、殻径45ミリメートルぐらいに達する。殻は厚質堅固で高円錐(えんすい)形、螺層(らそう)には全面に螺肋(らろく)があり、縦肋は13本内外あって、肩は鋭い角(つの)状となる。殻口には軸唇に四つのひだがある。水管溝は短い。殻口外唇の内壁には鋭い螺肋が多数ある。蓋(ふた)をもたない。卵嚢(らんのう)は長卵形で扁平(へんぺい)、長い柄があり、チャンチャンホオズキとよばれる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android