コロラド葉虫(読み)コロラドはむし

大辞林 第三版の解説

コロラドはむし【コロラド葉虫】

ハムシ科の甲虫。体長9ミリメートル 内外。体は黄色で上ばねに各五条の黒い縦縞たてじまがある。成虫・幼虫ともジャガイモの大害虫。北アメリカ原産で、近年ヨーロッパに侵入。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

コロラド‐はむし【コロラド葉虫】

〘名〙 (colorado (potato) beetle訳語) ハムシ科の甲虫。体長九~一〇ミリメートル。楕円形体色は黄色で上ばね背面に約一〇条の黒い縦じまがある。成虫幼虫ともジャガイモの葉を食べる害虫。アメリカ合衆国コロラド州付近が原産地であるが、急速に分布を広げ、ヨーロッパへも侵入繁殖

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android