コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コロラドハムシ Leptinotarsa decemlineata

3件 の用語解説(コロラドハムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コロラドハムシ【Leptinotarsa decemlineata】

甲虫目ハムシ科の昆虫(イラスト)。Colorado beetleまたはpotato beetleと呼ばれ,ジャガイモの大害虫として知られる。原産地北アメリカで野生のナス科植物を食べていたが,1855年ごろ,コロラド地方でジャガイモが栽培され始めると,ジャガイモへ寄主転換を行い,猛烈な勢いで分布を広げた。77年ごろドイツに渡りヨーロッパでも被害を与えている。成虫は体長約10mm,半球形で背面は鮮やかな橙黄色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コロラドハムシ
ころらどはむし
Colorado (potato) beetle
[学]Leptinotarsa decemlineata

昆虫綱甲虫目ハムシ科に属する昆虫。北アメリカとヨーロッパに分布するジャガイモの大害虫である。体長10ミリメートル前後。体は半球形に近く、橙黄(とうこう)色で上ばねに各5条の黒い縦帯があり、前胸にも黒紋がある。原産地はアメリカとメキシコの境界域であるロッキー山脈の東側で、野草を食べていたが、ジャガイモの栽培とともにこれに移り、1855年から74年までに大西洋岸まで広がり、1922年にはフランスに現れ、以後40年間にヨーロッパ中・南部ほぼ全域に分布し、旧ソ連にも侵入した。ジャガイモのほか、トマトなど同属の数種も好んで食害する。適温では年4世代を繰り返し、成虫は地中で越冬する。幼虫は赤くてよく太り、体の両側に黒点が2列ある。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコロラドハムシの言及

【ハムシ(葉虫)】より

…ハムシ科は多くの亜科に分けられ,その生態も変化に富む。また葉を食するためコロラドハムシ(イラスト)など著名な害虫も少なくない。ネクイハムシ亜科の幼虫は半水性で,ネクイハムシDonacia lenziの幼虫はヒルムシロやイネなどの水生植物の根を食べる。…

※「コロラドハムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

コロラドハムシの関連キーワードコロラド[州]コロラド[州]シッサス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コロラドハムシの関連情報