コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンタル城 コンタルじょう

1件 の用語解説(コンタル城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コンタルじょう【コンタル城】

フランス南部の都市カルカソンヌ(Carcassonne)、総延長3kmの二重の城壁に囲まれた「シテ」と呼ばれる旧市街にある、5つの塔がある城館。カルカソンヌ駅から約2kmほどのところにある。12世紀に建てられたトランカヴェル伯爵の城館で、ルイ9世(1214~1270年)の治世下に、城の大規模な改築が行われた。ピレネー山脈を望むフランススペイン間の交通の要衝(ようしょう)であったため、13世紀ごろの歴代のフランス王はシテの要塞化を進めた。◇コンタル城を含むシテは「歴史的城塞都市カルカソンヌ」として、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンタル城の関連キーワードカルカソンヌガロンヌ川ベジエアルカションカルカッソンヌサンテチエンヌルカネОшカルアトシェルカート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone