コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンタル城 コンタルじょう

1件 の用語解説(コンタル城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

コンタルじょう【コンタル城】

フランス南部の都市カルカソンヌ(Carcassonne)、総延長3kmの二重の城壁に囲まれた「シテ」と呼ばれる旧市街にある、5つの塔がある城館。カルカソンヌ駅から約2kmほどのところにある。12世紀に建てられたトランカヴェル伯爵の城館で、ルイ9世(1214~1270年)の治世下に、城の大規模な改築が行われた。ピレネー山脈を望むフランススペイン間の交通の要衝(ようしょう)であったため、13世紀ごろの歴代のフランス王はシテの要塞化を進めた。◇コンタル城を含むシテは「歴史的城塞都市カルカソンヌ」として、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone