コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

して シテ

4件 の用語解説(しての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐て[接]

[接]《動詞「する」の連用形+接続助詞「て」から》前に述べた事柄を受けて、それに続けて言うことを導く語。そして。それで。「してご用の趣きは」

して[格助・接助・副助]

《動詞「する」の連用形接続助詞「て」から》
[格助]名詞、活用語の連体形、副詞・助詞などに付く。
動作をともにする人数・範囲を表す。「みんなして考えよう」
「もとより友とする人一人二人―行きけり」〈伊勢・九〉
動作をさせられる人を表す。「私をして言わしめれば、その説明では承服しかねる」
「楫(かぢ)取り―幣(ぬさ)奉(たいまつ)らするに、幣の東(ひむがし)へ散れば」〈土佐
(多く「にして」の形で)動作の行われる時間・空間を表す。「三〇歳にして独立する」
「勝軍王と申す大王の前に―此を競(くら)ぶ」〈今昔・一・九〉
動作の手段・方法・材料などを表す。
「そこなりける岩に、指(および)の血―書きつけける」〈伊勢・二四〉
[接助]形容詞・形容動詞、一部の助動詞の連用形に付く。上代では接尾語「み」にも付く。
上の事柄を受け、それと並ぶ事柄または推移する事柄へと続ける。「策を用いずして勝つ」
「そのような状態で」の意で下へ続ける。
「ばっと消ゆるが如く―失(う)せにけり」〈平家・三〉
理由・原因を表す。
「これはにぶく―あやまちあるべし」〈徒然・一八五〉
逆接を表す。
「格子(かうし)どもも、人はなく―開(あ)きぬ」〈竹取
[副助]副詞・助詞などに付いて、意味・語調を強める。「一瞬にして家が倒壊した」「先生からしてあんな事をする」
[補説]2は現代語や漢文訓読調の文体では、「をして」の形で用いられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

して

( 接続 )
〔動詞「する」の連用形「し」に接続助詞「て」の付いたものから〕
話題を転換して、相手に何か尋ねたり確かめたりするとき用いる語。ところで。さて。 「金のことは承知した。-いくらいるんだ」 「『いやようござつた。こちらへ通らせられい』『-そなたは女房衆を往なせたとなう』/狂言・乞聟」
前の文を受けて順接的に次の文につなぐ語。そして。そこで。 「和同させて太平にしないたぞ。-尚書の官になつたぞ/蒙求抄 1

して

〔動詞「する」の連用形「し」に接続助詞「て」の付いたものから〕
( 格助 )
動作の手段・方法などを表す。「で」の意。 「みんな-やればすぐにできる」 「火ばし-はさむ事なし/徒然 213
(「をして」の形で)使役の対象を表す。古くは「して」だけでもいう。 「彼を-そのような態度をとらしめたものは何か」 「かぢとり-ぬさたいまつらするに/土左」
(「にして」の形で)動作の行われる時間を表す。古くは空間を示すのにも用いられた。 「一瞬に-消え去った」 「売り出してからわずか一〇分に-売り切れてしまった」 「これやこの大和に-は我が恋ふる紀路にありといふ名に負ふ背の山/万葉集 35
( 接助 )
形容詞・形容動詞、および助動詞「ず」の連用形に接続する。上の語句を受けて、下に続ける働きをする。 「労多く-功少ない仕事だ」 「明瞭に-かつ簡潔な文章だ」 「止むことを得ず-なすべき事おほし/徒然 123」 「久しからず-、亡じにし者どもなり/平家 1
( 副助 )
特にはっきりした意味はなく、ただ語調を整えるのに用いる。 「期せず-意見が一致した」 「この映画は題名から-変わっている」 「神代より-、さるかざしとなりけむ/枕草子 66」 〔この語は上代からあり、むしろ古語で多く用いられた。現代語では古語の「して」の用法の残存したものとみられる。なお、古くは「し」にサ変動詞としての意味が残っている場合もあり、それは連語とみるべきものである〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しての関連情報