して(読み)シテ

デジタル大辞泉の解説

し‐て[接]

[接]《動詞「する」の連用形+接続助詞「て」から》前に述べた事柄を受けて、それに続けて言うことを導く語。そして。それで。「してご用の趣きは」

して[格助・接助・副助]

《動詞「する」の連用形接続助詞「て」から》
[格助]名詞、活用語の連体形、副詞・助詞などに付く。
動作をともにする人数・範囲を表す。「みんなして考えよう」
「もとより友とする人一人二人―行きけり」〈伊勢・九〉
動作をさせられる人を表す。「私をして言わしめれば、その説明では承服しかねる」
「楫(かぢ)取り―幣(ぬさ)奉(たいまつ)らするに、幣の東(ひむがし)へ散れば」〈土佐
(多く「にして」の形で)動作の行われる時間・空間を表す。「三〇歳にして独立する」
「勝軍王と申す大王の前に―此を競(くら)ぶ」〈今昔・一・九〉
動作の手段・方法・材料などを表す。
「そこなりける岩に、指(および)の血―書きつけける」〈伊勢・二四〉
[接助]形容詞・形容動詞、一部の助動詞の連用形に付く。上代では接尾語「み」にも付く。
上の事柄を受け、それと並ぶ事柄または推移する事柄へと続ける。「策を用いずして勝つ」
「そのような状態で」の意で下へ続ける。
「ばっと消ゆるが如く―失(う)せにけり」〈平家・三〉
理由・原因を表す。
「これはにぶく―あやまちあるべし」〈徒然・一八五〉
逆接を表す。
「格子(かうし)どもも、人はなく―開(あ)きぬ」〈竹取
[副助]副詞・助詞などに付いて、意味・語調を強める。「一瞬にして家が倒壊した」「先生からしてあんな事をする」
[補説]2は現代語や漢文訓読調の文体では、「をして」の形で用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

して

( 接続 )
〔動詞「する」の連用形「し」に接続助詞「て」の付いたものから〕
話題を転換して、相手に何か尋ねたり確かめたりするとき用いる語。ところで。さて。 「金のことは承知した。-いくらいるんだ」 「『いやようござつた。こちらへ通らせられい』『-そなたは女房衆を往なせたとなう』/狂言・乞聟」
前の文を受けて順接的に次の文につなぐ語。そして。そこで。 「和同させて太平にしないたぞ。-尚書の官になつたぞ/蒙求抄 1

して

〔動詞「する」の連用形「し」に接続助詞「て」の付いたものから〕
( 格助 )
動作の手段・方法などを表す。「で」の意。 「みんな-やればすぐにできる」 「火ばし-はさむ事なし/徒然 213
(「をして」の形で)使役の対象を表す。古くは「して」だけでもいう。 「彼を-そのような態度をとらしめたものは何か」 「かぢとり-ぬさたいまつらするに/土左」
(「にして」の形で)動作の行われる時間を表す。古くは空間を示すのにも用いられた。 「一瞬に-消え去った」 「売り出してからわずか一〇分に-売り切れてしまった」 「これやこの大和に-は我が恋ふる紀路にありといふ名に負ふ背の山/万葉集 35
( 接助 )
形容詞・形容動詞、および助動詞「ず」の連用形に接続する。上の語句を受けて、下に続ける働きをする。 「労多く-功少ない仕事だ」 「明瞭に-かつ簡潔な文章だ」 「止むことを得ず-なすべき事おほし/徒然 123」 「久しからず-、亡じにし者どもなり/平家 1
( 副助 )
特にはっきりした意味はなく、ただ語調を整えるのに用いる。 「期せず-意見が一致した」 「この映画は題名から-変わっている」 「神代より-、さるかざしとなりけむ/枕草子 66」 〔この語は上代からあり、むしろ古語で多く用いられた。現代語では古語の「して」の用法の残存したものとみられる。なお、古くは「し」にサ変動詞としての意味が残っている場合もあり、それは連語とみるべきものである〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐て

〘接続〙 (動詞「する」の連用形「し」に接続助詞「て」の付いてできた語) 先行の事柄を受け、それに続けて言うときのことば。相手の発言をうけて、それに対する疑問を発する時、その冒頭に多く用いられる。そして。それから。
※謡曲・夜討曾我(1480頃)「して、まづなにとしたぞ」
※歌舞伎・今源氏六十帖(1695)一「如何にも心得た。してそれはどのやうな物ぞ」

し‐て

〘連語〙 (動詞「する」の連用形「し」に接続助詞「て」が付き、助詞のように用いられるもの)
[一] 格助詞的用法。
① 体言を受け、また多くは「にして」の形で動作の行なわれる空間、時間などを示す。…で。…において。→語誌(1)(3)。
※万葉(8C後)一・三五「これやこの大和に四手(シて)は我(あ)が恋ふる紀路にありといふ名に負ふ勢(せ)の山」
※方丈記(1212)「三十(みそぢ)あまりにして、更にわが心と、一の菴をむすぶ」
② 体言または体言と同格の語、および体言に副助詞の付いたものを受け、動作の手段、方法などを表わす。
(イ) 動作を行なう主体を、主語としてではなく数量的に、また手段的に表現する。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)一〇月九日・宣命「又七人のみ之天(シテ)関に入れむとも謀りけり」
※源氏(1001‐14頃)手習「身づからも弟子のなかにも験あるして加持し騒ぐを」
(ロ) ある動作を行なう手段としての使役の対象を示す。訓点資料では「をして」の形をとる。→語誌(2)。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一「諸の有情をして恭敬し供養せ令めむとなり」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「門(かど)あけて惟光の朝臣出で来たるしてたてまつらす」
(ハ) 動作の手段、方法、材料などを示す。
※竹取(9C末‐10C初)「長き爪して眼(まなこ)をつかみつぶさん」
③ 格助詞「より」「から」、副助詞「か」、形容詞連用形、副詞などを受けて、その連用機能を確認する。
※竹取(9C末‐10C初)「今かね少しにこそあなれ。嬉しくしておこせたる哉」
※大鏡(12C前)一「やがてこの殿よりしていまの閑院大臣まで、太政大臣十一人つづき給へり」
[二] 接続助詞的用法。形容詞型活用の語の連用形およびこれらに副助詞の付いたものを受け、また「ずして」「にして」「として」の形で、並列・修飾・順接・逆接など種々の関係にある句と句とを接続する場合に用いられる。上代には形容詞語幹に「み」の付いたものを受ける例もある。→語誌(3)。
※古事記(712)中・歌謡「我が心しぞいや愚(をこ)に斯弖(シテ)今ぞ悔(くや)しき」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「細やかに、たをたをとして物うち言ひたるけはひ」
[語誌](1)(一)①の用法の場合、「し」にはサ変動詞としての意味がいまだ残っていると思われる。
(2)平安初期の漢文訓読では、使役の対象を示す場合、常に「…をして…しむ」の形が用いられるとは限らず、「…を…しむ」「…に…しむ」等も用いられたが、平安中期以降「…をして…しむ」の形が固定する〔春日政治「西大寺本金光明最勝王経古点の国語学的研究」〕。
(3)(一)①の「にして」、(二)の「…くして」「ずして」「にして」「として」の形は、平安時代には主として漢文訓読系の語として用いられ、これらに対して和文脈では「にて」「…くて」「ずて」「で」「とて」の形が用いられた。平安末期以降は両文脈が混淆するため、両者の共存する文献が多くなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しての関連情報