コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンティネンタル・タンゴ continental tango

世界大百科事典 第2版の解説

コンティネンタル・タンゴ【continental tango】

ドイツ,フランスイタリアなどで作曲もしくは演奏されたタンゴヨーロッパ・タンゴともいう。本場アルゼンチンのタンゴほど激しくなく,メロディを重視した歌謡調の曲が多い。タンゴがヨーロッパに紹介され始めたのは1910年ごろで,第1次世界大戦後に各地で盛んになり,20年代前半から30年代にかけて《ジェラシー》《碧空(あおぞら)》《イタリーの庭》などの曲が作られて,日本でも当時は広く親しまれた。タンゴ【中村 とうよう】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコンティネンタル・タンゴの言及

【タンゴ】より

…また歌手藤沢嵐子はアルゼンチンでも高い評価を受けた。 日本でコンティネンタル・タンゴと呼ばれているものは,1910‐20年代,パリを中心にアルゼンチン・タンゴがヨーロッパへ紹介されてのち,同地の音楽家たちがそのリズムと形式をまねて作り出したタンゴで,リズム自体には気迫や微妙な味わいが欠けるものの,甘美で感傷的な旋律の親しみやすさにより,ダンス音楽,サロン音楽として世界各地に流行した。一方,南スペインのジプシーたちが発達させたタンゴ・フラメンコは,踊りを伴う歌とギターの音楽で独特な魅力をそなえている。…

※「コンティネンタル・タンゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報