コンデ レイモンド(英語表記)Conde Raymond

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

コンデ レイモンド
Conde Raymond


職業
ジャズ・クラリネット奏者

本名
吉場 レイモンド

生年月日
大正5年 1月23日

出生地
フィリピン

学歴
早稲田大学国際学院

経歴
ジャズメンだった兄たちの影響でハイスクール時代からサックスを吹く。昭和7年来日し、松竹軽音楽団で活躍。11年早稲田大学国際学院に入学。在学中からスインギーなクラリネット奏者として活躍した。13年日本人と結婚し、日本に帰化。戦後はフランシス・キーコと組んで自己のゲイ・セプテットを結成、最高コンボとして人気を博すとともに自己のグループからジョージ川口、ナンシー梅木、笈田敏夫ら多くの奏者・歌手を育てた。50年からフリーとなり、銀座のクラブなどで活動した。63年ジャズ生活55年を記念した純金CD「レイモンド・コンデ・シング・アンド・プレイ・フォー・グッド!」が発売され、記念コンサートも開かれた。

受賞
日本レコード大賞(顕彰・プレイヤー賞 第22回)〔昭和55年〕,日本ジャズヴォーカル賞(特別賞 第3回)〔昭和62年〕,日本芸能実演家団体協議会芸能功労賞〔平成11年〕

没年月日
平成15年 12月23日 (2003年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android