コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンバージョンレンズ こんばーじょんれんず

デジタル大辞泉の解説

コンバージョン‐レンズ(conversion lens)

撮影レンズの前あるいは後ろに取りつけて、焦点距離を変えることができるレンズ。補助レンズ・フロントコンバージョンレンズ・リアコンバージョンレンズの3種類がある。コンバーターレンズ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンバージョンレンズ
conversion lens

レンズ焦点距離を変えるため写真レンズ前面または後面に取り付ける補助レンズ。前面に取り付ける場合,広角(短焦点)にする場合には凹レンズ系,望遠(長焦点)にする場合には凸レンズ系が用いられる。焦点距離を長くするレンズをテレコンバージョンレンズ(テレコン),短くするレンズをワイドコンバージョンレンズ(ワイコン)と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コンバージョンレンズの関連キーワードアタッチメントレンズワイドコンバーターテレコンバーターコンパクトカメラリアコンバータ交換レンズデジスコ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android