後面(読み)コウメン

百科事典マイペディアの解説

後面【うしろめん】

日本舞踊後頭部にも面をつけ,前後で別な人物が踊っているように見せかける技巧。享保ころ大坂の佐渡島長五郎狂言の〈釣狐〉を所作化して白蔵主(はくぞうす)と狐で踊ったのがはじめ。曲としては《後面》(柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしょちょうのさえずり))と《粂の仙人》(後面萩玉川)がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしろめん【後面】

歌舞伎舞踊の一技法および,その技法を用いた舞踊曲の略称。演者が後頭部に面をつけ,一人で二役を踊り分けること。古くから多く演じられてきたのは,狂言《釣狐》に想を得て白蔵主と狐を踊り分ける趣向で,佐渡嶋長五郎が家の芸としていたものである。これを受けついだ代表作が,1762年(宝暦12)4月江戸市村座で2世瀬川菊之丞が踊った四変化《柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしよちようのさえずり)》の一つで,曲は長唄。その後,夜鷹と折助,粂仙人と雷・天人などいくつかの変り種ができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

サマータイム

夏時間。 summer timeは和製語で,欧米では daylight saving timeという。夏季の一定の期日を限り,日中の時間をより有効に使うため,標準時間より1時間ないし2時間時計を進める...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後面の関連情報