コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後面 コウメン

デジタル大辞泉の解説

こう‐めん【後面】

うしろの面。うしろがわ。後方。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

後面【うしろめん】

日本舞踊後頭部にも面をつけ,前後で別な人物が踊っているように見せかける技巧。享保ころ大坂の佐渡島長五郎狂言の〈釣狐〉を所作化して白蔵主(はくぞうす)と狐で踊ったのがはじめ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うしろめん【後面】

歌舞伎舞踊の一技法および,その技法を用いた舞踊曲の略称。演者が後頭部に面をつけ,一人で二役を踊り分けること。古くから多く演じられてきたのは,狂言《釣狐》に想を得て白蔵主と狐を踊り分ける趣向で,佐渡嶋長五郎が家の芸としていたものである。これを受けついだ代表作が,1762年(宝暦12)4月江戸市村座で2世瀬川菊之丞が踊った四変化《柳雛諸鳥囀(やなぎにひなしよちようのさえずり)》の一つで,曲は長唄。その後,夜鷹と折助,粂仙人と雷・天人などいくつかの変り種ができた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうめん【後面】

うしろの面。後部。 ↔ 前面

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後面の関連キーワード坐骨神経痛(座骨神経痛)コンバージョンレンズhamstringsファイブドアセダンステーションワゴン自動車アセスメントダグラスか(窩)プルキンエの法則自動車ナンバーぼんのくぼ暗箱・暗函後張の大口ふくらはぎ鹿角装刀剣大腿二頭筋下腿三頭筋上腕三頭筋四十九院副甲状腺脊髄後根

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後面の関連情報