コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンプライアンスオフィサー こんぷらいあんすおふぃさー

1件 の用語解説(コンプライアンスオフィサーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コンプライアンスオフィサー

コンプライアンス(法令遵守)がちゃんと行なわれているかを監視する企業内の責任者。近年、カネボウ・西武コクドなどの企業不祥事が相次ぎ、企業のコンプライアンスの確保に対する要求が高まっている。そんな中、コンプライアンス室やコンプライアンス委員会といった専門的な部署、責任者を設置する企業も徐々に増えてきている。コンプライアンスオフィサーは、自社のコンプライアンスの監視と共に、全社のコンプライアンスのガイドラインの作成や、教育プログラムの開発を行なうこともある。また、コンプライアンス室の室長や、コンプライアンス委員会の委員長などと兼任していることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コンプライアンスオフィサーの関連キーワードコンプライアンスコンプライアンスプログラム法令遵守法令遵守(じゅんしゅ)コンプライアンス不況ノンコンプライアンスガラスコンプライアンス交差要件(クロス・コンプライアンス)コンプライアンス Complianceフライアジャンプ (fly a jump)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コンプライアンスオフィサーの関連情報