監視(読み)かんし

精選版 日本国語大辞典「監視」の解説

かん‐し【監視】

〘名〙
① (━する) 見てとりしまること。警戒して見張ること。また、その人。
※日本風俗備考(1833)三「外国人の海岸に到着せるを監視して」
② 以前の刑法で、再犯防止のための付加刑。一定の刑を終えた受刑者に、釈放後ある期間内住居を移転することを禁じ、かつ警察官にその行動を見守らせること。
※刑法施行法(明治四一年)(1908)五条「監視又は罰金を附加す可きときと雖も」
③ 税関の職員で、関税警察および犯則処分に関する仕事をする者。
※税関官制(明治三二年)(1899)四条「監視専任 判任 九十七人」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「制服を着た監視(カンシ)の一人が退屈さうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android