コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監視 カンシ

デジタル大辞泉の解説

かん‐し【監視】

[名](スル)
警戒して見張ること。また、その人。「監視の目が光る」「火山活動を監視する」
旧刑法で、出獄者の再犯防止のために採用されていた付加刑。一定期間は住居移転の自由を禁じるなどの措置を内容とする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんし【監視】

( 名 ) スル
不都合な事の起こらぬように警戒して人の動きなどを見張ること。 「沿岸を-する」 「厳しい-のもとにおかれる」 「 -員」 「 -船」
旧刑法で、再犯防止のための付加刑。受刑者の釈放後、一定期間執行するもので、その期間住居移転の自由は認められず、警官によってその生活が監視される。 〔同音語の「看視・観視」は注意して見守ることであるが、それに対して「監視」は犯罪抑止などのために警戒して見張ることをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

監視の関連キーワードWWW(世界気象監視)公共事業評価監視委員会火山監視情報センターデービッド ライアンカルディオスコープ外国情報監視裁判所ノンストレステスト運命を乗せた列車オブザベーションインスペクターサーベイランスライフセーバーレベルメーターウオッチドッグピケットライン事業評価委員会ライフガードモニタリングモニターTV平和監視時計

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

監視の関連情報