監視(読み)カンシ

デジタル大辞泉の解説

かん‐し【監視】

[名](スル)
警戒して見張ること。また、その人。「監視の目が光る」「火山活動を監視する」
旧刑法で、出獄者の再犯防止のために採用されていた付加刑。一定期間は住居移転の自由を禁じるなどの措置を内容とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんし【監視】

( 名 ) スル
不都合な事の起こらぬように警戒して人の動きなどを見張ること。 「沿岸を-する」 「厳しい-のもとにおかれる」 「 -員」 「 -船」
旧刑法で、再犯防止のための付加刑。受刑者の釈放後、一定期間執行するもので、その期間住居移転の自由は認められず、警官によってその生活が監視される。 〔同音語の「看視・観視」は注意して見守ることであるが、それに対して「監視」は犯罪抑止などのために警戒して見張ることをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐し【監視】

〘名〙
① (━する) 見てとりしまること。警戒して見張ること。また、その人。
※日本風俗備考(1833)三「外国人の海岸に到着せるを監視して」
② 以前の刑法で、再犯防止のための付加刑。一定の刑を終えた受刑者に、釈放後ある期間内住居を移転することを禁じ、かつ警察官にその行動を見守らせること。
※刑法施行法(明治四一年)(1908)五条「監視又は罰金を附加す可きときと雖も」
③ 税関の職員で、関税警察および犯則処分に関する仕事をする者。
※税関官制(明治三二年)(1899)四条「監視専任 判任 九十七人」
暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「制服を着た監視(カンシ)の一人が退屈さうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

監視の関連情報