監視(読み)かんし

精選版 日本国語大辞典「監視」の解説

かん‐し【監視】

〘名〙
① (━する) 見てとりしまること。警戒して見張ること。また、その人。
※日本風俗備考(1833)三「外国人の海岸に到着せるを監視して」
② 以前の刑法で、再犯防止のための付加刑。一定の刑を終えた受刑者に、釈放後ある期間内住居を移転することを禁じ、かつ警察官にその行動を見守らせること。
※刑法施行法(明治四一年)(1908)五条「監視又は罰金を附加す可きときと雖も」
③ 税関の職員で、関税警察および犯則処分に関する仕事をする者。
※税関官制(明治三二年)(1899)四条「監視専任 判任 九十七人」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「制服を着た監視(カンシ)の一人が退屈さうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「監視」の解説

かん‐し【監視】

[名](スル)
警戒して見張ること。また、その人。「監視目が光る」「火山活動を監視する」
旧刑法で、出獄者の再犯防止のために採用されていた付加刑。一定期間は住居移転の自由を禁じるなどの措置を内容とする。
[類語]見張り立ち番ピケ張り番張り込みマーク物見見張る張り込む目を光らす番人守衛門衛門番看守衛視衛士衛兵牢番獄卒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android