コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンベヤスケール conveyor scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンベヤスケール
conveyor scale

ベルトコンベヤの途中に装着して荷揚げ,あるいは運搬中の粉状もしくは塊状の物体の流れを停止することなく,自動的にその質量を積算計量する秤。積算機構としては移動中の品物を連続的に計量する積分型と,品物の流れを一定長さの部分に分割して計量し,これを機械的に合算する算術型とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のコンベヤスケールの言及

【コンベヤ秤】より

…コンベヤスケールともいう。ベルトコンベヤの輸送中の粒体,塊体などの各種原料を連続的に計量し輸送総質量を求める自動ばかりの一種。…

※「コンベヤスケール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コンベヤスケールの関連キーワードベルトコンベヤコンベヤ秤

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android