コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コークス比 コークスひ coke ratio

1件 の用語解説(コークス比の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コークス比
コークスひ
coke ratio

製造される銑鉄単位重量あたりの消費コークス量。通常銑鉄 1tをつくるのに必要なコークスの量で,高炉の操業成績を示す指標として利用される。コークス比が低いほど経済性が高いが,高炉の大型化,銑鉄の品質向上,製銑技術の進歩によって近年大幅に低下。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコークス比の言及

【原単位】より

…原単位は原価計算における標準原価の算定基礎として重要な概念であるが,そのほかにも,相異なる技術の水準を相互に比較するための基準として利用される。たとえば,日本の製鋼技術の優秀性は,コークス原単位(コークス比(kg/t)=コークス÷銑鉄)の他国に比べての低水準として現れる。原単位は個別企業ないし産業レベルでの概念であるが,投入産出分析(産業連関表)に現れる投入係数は,マクロ・レベルの分析における原単位の対応物である。…

【高炉】より

… なお,この高温ガスの温度あるいは成分(とくに水素H2濃度)を調節するため,送風中に水分を添加する調湿操業,酸素を添加する酸素富化操業,重油,タールあるいは微粉炭を添加する燃料吹込操業が行われる。燃料吹込操業は銑鉄1tを生産するのに必要とするコークス量(コークス比,単位kg/t)を節約する目的をもかねているが,1970年代後半の石油危機に伴う重油価格高騰から,現在では重油の吹込みはその意味を失っている。今後,燃料吹込みの重点は微粉炭の吹込みに移っていくであろう。…

※「コークス比」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コークス比の関連キーワードパワーウエートレシオ栄養素密度エネルギー密度高エネルギー食品等エネルギー食ニコチンアミド当量比活性比放射能重量の法則(生物学)阻害指数

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone