コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットル・オトリリエンフェルト Friedrich von Gottl‐Ottlilienfeld

1件 の用語解説(ゴットル・オトリリエンフェルトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴットル・オトリリエンフェルト【Friedrich von Gottl‐Ottlilienfeld】

1868‐1958
ドイツの経済学者。オーストリアウィーンに生まれ,ハイデルベルク大学でK.クニース,M.ウェーバーに師事した。同大学をふり出しに,ブリュン工業大学,ミュンヘン工業大学,ハンブルク大学キール大学の諸大学で教鞭をとり,1926年にベルリン大学に移った。研究活動は,経済学のほか,技術論,社会哲学,認識論の諸領域に及んでいる。経済学については,歴史学派経済学者クニースの有機体論の影響が強いが,個人は自由意志をもつとするクニースの主張はゴットルにあっては影をひそめ,個人は超越的な有機体=社会構成体に従属するとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゴットル・オトリリエンフェルトの関連キーワード岸信介内閣戊辰戦争光の科学史テレビドラマ早竹虎吉(初代)明治東京(都)新共和国連合上野山功一モノコックボディ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone