コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットル・オトリリエンフェルト Friedrich von Gottl‐Ottlilienfeld

世界大百科事典 第2版の解説

ゴットル・オトリリエンフェルト【Friedrich von Gottl‐Ottlilienfeld】

1868‐1958
ドイツの経済学者。オーストリアのウィーンに生まれ,ハイデルベルク大学でK.クニース,M.ウェーバーに師事した。同大学をふり出しに,ブリュン工業大学,ミュンヘン工業大学,ハンブルク大学,キール大学の諸大学で教鞭をとり,1926年にベルリン大学に移った。研究活動は,経済学のほか,技術論,社会哲学,認識論の諸領域に及んでいる。経済学については,歴史学派経済学者クニースの有機体論の影響が強いが,個人は自由意志をもつとするクニースの主張はゴットルにあっては影をひそめ,個人は超越的な有機体=社会構成体に従属するとされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ゴットル・オトリリエンフェルトの関連キーワード新藤兼人今村昌平岸信介内閣マキノ雅広戊辰戦争光の科学史加藤泰コーマン斎藤寅次郎鈴木清順

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android