コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴットル・オトリリエンフェルト Friedrich von Gottl‐Ottlilienfeld

1件 の用語解説(ゴットル・オトリリエンフェルトの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゴットル・オトリリエンフェルト【Friedrich von Gottl‐Ottlilienfeld】

1868‐1958
ドイツの経済学者。オーストリアウィーンに生まれ,ハイデルベルク大学でK.クニース,M.ウェーバーに師事した。同大学をふり出しに,ブリュン工業大学,ミュンヘン工業大学,ハンブルク大学キール大学の諸大学で教鞭をとり,1926年にベルリン大学に移った。研究活動は,経済学のほか,技術論,社会哲学,認識論の諸領域に及んでいる。経済学については,歴史学派経済学者クニースの有機体論の影響が強いが,個人は自由意志をもつとするクニースの主張はゴットルにあっては影をひそめ,個人は超越的な有機体=社会構成体に従属するとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴットル・オトリリエンフェルトの関連キーワードシュモラー杉本栄一ゾンバルト西ドイツレーデラーワーゲマン統一ドイツ食料経済学大野英二小島麗逸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone