教鞭(読み)きょうべん

精選版 日本国語大辞典「教鞭」の解説

きょう‐べん ケウ‥【教鞭】

〘名〙 教師が生徒を戒め教えるために使うむち。また、授業の時、教師が教授事項を指示するのに用いるむち。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「中沢先生は〈略〉どうかしてかっとすれば教でもってぐらぐらするほどひとの頭をぶったりした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android