教鞭(読み)きょうべん

精選版 日本国語大辞典 「教鞭」の意味・読み・例文・類語

きょう‐べん ケウ‥【教鞭】

〘名〙 教師生徒を戒め教えるために使うむち。また、授業の時、教師が教授事項を指示するのに用いるむち。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「中沢先生は〈略〉どうかしてかっとすれば教鞭でもってぐらぐらするほどひとの頭をぶったりした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「教鞭」の意味・読み・例文・類語

きょう‐べん〔ケウ‐〕【教×鞭】

教師が授業に使うむち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「教鞭」の読み・字形・画数・意味

【教鞭】きようべん

教職

字通「教」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ダモクレスの剣

常に身に迫る一触即発の危険な状態をいう。シラクサの僭主ディオニュシオス1世の廷臣ダモクレスが王者の幸福をたたえたので,王がある宴席でダモクレスを王座につかせ,その頭上に毛髪1本で抜き身の剣をつるし,王...

ダモクレスの剣の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android