コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴーストフィッシング ゴーストフィッシング ghost fishing

2件 の用語解説(ゴーストフィッシングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴースト‐フィッシング(ghost fishing)

流失したり海底に沈んだりした漁具により、意図せず長期間にわたって魚介類や海洋生物が捕獲されること。水産資源の減少や生態系への影響が指摘されている。幽霊漁業

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ゴーストフィッシング

流失や投棄により海中に残された漁具が、その後も漁獲機能を保持し、生物の死亡を引き起こす現象。国連食糧農業機関(FAO)が提唱した「責任ある漁業のための行動規範」で、ゴーストフィッシングを最少にすることを明記。国内では独立行政法人水産総合研究センター水産工学研究所が01年度から調査を始め、鹿児島大学東京海洋大学などが実態調査を行っている。

(2006-03-03 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴーストフィッシングの関連キーワード共同海損海洋投棄規制条約遺稿沈荷投棄流失立干しはえ縄漁業岐阜市椿洞の産廃不法投棄廃棄物その他の物質の投棄による海洋汚染の防止に関する条約

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone