減少(読み)げんしょう

精選版 日本国語大辞典「減少」の解説

げん‐しょう ‥セウ【減少】

〘名〙 へってすくなくなること。また、へらして少なくすること。⇔増加
※看聞御記‐応永二五年(1418)四月六日「近年黒田庄役少。仍於御所之。尤遺恨也」
※政談(1727頃)四「第一僧に紛れ者有まじ。出家の数も減少すべし」 〔後漢書‐明帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「減少」の解説

げん‐しょう〔‐セウ〕【減少】

[名](スル)減って少なくなること。また、減らして少なくすること。「漁獲量が減少する」「体重を減少する」⇔増加
[類語]減る減ずる目減り減らす約める低減半減累減逓減漸減急減激減減損縮減軽減削減減量減殺減衰減耗げんこう消耗摩耗摩滅減摩損耗摩損磨り減る磨り減らす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「減少」の解説

【減少】げんしよう(せう)

減る。〔後漢書、章帝紀〕初元年春正、詔して曰く、比年、牛に疾疫多く、墾田減少し、價頗(すこ)ぶる(たか)く、人以てす。

字通「減」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android