ゴーダン‐シューマンの法則(英語表記)Gaudin-Schuhmann's law

法則の辞典の解説

ゴーダン‐シューマンの法則【Gaudin-Schuhmann's law】

粉砕の結果生じる粉末の粒度分布に関する法則粒径x,累積値 y をとったとき

となる(b定数).

このほかロジン‐ラムラーの法則*Ra exp(-bxn),ここで R は篩上残分) もよく知られている.ほかに対数正規分布式や正規分布式も用いられる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android