コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒度分布

栄養・生化学辞典の解説

粒度分布

 粒子粒度がどのように分布するかを示すもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうどぶんぷ【粒度分布 size distribution】

粉粒体を構成する粒子群の粒子径の分布。粉粒体は一般に不規則な形状をもち,大きさのふぞろいな粒子より構成されている。不規則形状の粒子の粒子径particle sizeを表すには,3軸平均径,円相当径(ヘイウッドHeywood径),定方向径(フェレーFeret径),面積等分径(マーチンMartin径),ストークスStokes径などが用いられる。3軸平均径は粒子の長さ,幅,厚さの算術平均である。円相当径は粒子の投影面積と等しい面積をもつ円の直径である(図のa)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

粒度分布の関連キーワードゴーダン‐シューマンの法則ロジン‐ラムラーの法則標準ふるい(標準篩)カドミウムエロー粉砕の分布法則火山砕屑岩液状化現象ΔLの法則機械分析土質試験級化層理火山岩粉砕機金属粉粉粒体砂利顔料粉体雲粒風簸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android