コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴードン・ムーア ごーどんむーあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ゴードン・ムーア

インテルの共同創設者の1人。1968年にロバート・ノイス氏らとともに米NM Electronics社を設立。その後、社名をIntegrated Electronicsを語源とするIntelに変更し、同社をハイテク産業の核となる世界有数の半導体製造メーカーに育て上げた。1975~1987年まで2代目社長兼CEO(最高経営責任者)、1997年に名誉会長に就任し、現在に至る。「チップの記憶容量は、毎年2倍になるが価格は変わらない」とは、同氏が1965年に提唱した法則として有名。その後、マイクロプロセッサーにこの法則を当てはめ、「ICのトランジスタ数は18ヶ月で倍になる」と置き換えられ、「ムーアの法則」として半導体産業のガイドライン的な役割を果たすようになった。1990年には、ジョージ・ブッシュ米国大統領よりナショナル・メダル・オブ・テクノロジを受勲した。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ゴードン・ムーアの関連キーワードインテル(半導体メーカー)

ゴードン・ムーアの関連情報