コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイウオ Bregmaceros japonicus

世界大百科事典 第2版の解説

サイウオ【Bregmaceros japonicus】

タラ目サイウオ科の海産魚。本州中部以南に分布するが,富山湾にとくに多く,同地方の地方名はシュモクウオという。体は細長く,吻端(ふんたん)は丸い。体色は紫褐色。第1背びれは後頭部にあり1本の細長い鰭条(きじよう)だけからなる。第2背びれとしりびれとはいずれも基底が長く,背腹に相似形で対在する。腹びれは喉位(こうい)で異常に長い。全長およそ8cm。海岸近くにすみ,夜間浮いて光に集まる。富山地方では干物として食用に供される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

サイウオの関連キーワード犀魚

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android