コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比谷 ヒビヤ

デジタル大辞泉の解説

ひびや【日比谷】

東京都千代田区南部の地名日比谷公園がある。江戸時代以前は入り江であった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日比谷【ひびや】

東京都千代田区南部の地名。徳川家康入府までは江戸湾岸の漁村であったが,埋め立てられて武家屋敷町となった。明治期には日比谷ヶ原として練兵場に用いられ,1903年日比谷公園が開設された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひびや【日比谷】

東京都千代田区南部、日比谷公園を中心とする地区。東は有楽町、西は霞が関に接する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕日比谷(ひびや)


東京都千代田(ちよだ)区南部の地区名。
現在の地名では日比谷公園。徳川家康(とくがわいえやす)の入国後、江戸湾(東京湾)が埋め立てられ江戸城内の大名屋敷地となる。明治期は陸軍の練兵場。劇場・映画館などがあり、銀座につながる都心の歓楽地。

〔東京都〕日比谷(ひびや)


東京都千代田(ちよだ)区南部の地区名。現在は日比谷公園に名をとどめる。徳川家康(いえやす)の関東入府後、日比谷入り江が埋め立てられ江戸城内堀内の大名屋敷地となる。明治期は陸軍練兵場が置かれた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日比谷
ひびや

東京都千代田区南部、日比谷公園を含む一帯の通称。江戸以前には比々谷とも記し、日比谷入江とよぶ東京湾の続きであった。地名は魚やのりをとる(ひび)に由来するという。徳川家康入府以後、埋め立てられ、江戸城郭の内となり、譜代(ふだい)大名の屋敷地となった。明治になって陸軍練兵場(日比谷練兵場)となったが、1889年(明治22)練兵場跡地は公園と定められた。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日比谷の関連キーワードジャパン・ブルース・ソウル・カーニバルニューロック・ジャム・コンサートジャパン・ブルース・カーニバル日比谷ロック・フェスティバル千代田区立日比谷図書文化館日比谷コンピュータシステム日本ロック・フェスティバル東京都千代田区日比谷公園消臭元香るstickザ・ペニンシュラ東京日比谷焼き打ち事件さんピン・キャンプ講和反対国民大会日比谷野外音楽堂10円コンサート日比谷平左衛門テロルの決算日比谷図書館千代田[区]パークライフ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日比谷の関連情報