コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日比谷 ヒビヤ

6件 の用語解説(日比谷の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひびや【日比谷】

東京都千代田区南部の地名。日比谷公園がある。江戸時代以前は入り江であった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日比谷【ひびや】

東京都千代田区南部の地名。徳川家康入府までは江戸湾岸の漁村であったが,埋め立てられて武家屋敷町となった。明治期には日比谷ヶ原として練兵場に用いられ,1903年日比谷公園が開設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ひびや【日比谷】

東京都千代田区南部、日比谷公園を中心とする地区。東は有楽町、西は霞が関に接する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕日比谷(ひびや)


東京都千代田(ちよだ)区南部の地区名。
現在の地名では日比谷公園。徳川家康(とくがわいえやす)の入国後、江戸湾(東京湾)が埋め立てられ江戸城内の大名屋敷地となる。明治期は陸軍の練兵場。劇場・映画館などがあり、銀座につながる都心の歓楽地。

〔東京都〕日比谷(ひびや)


東京都千代田(ちよだ)区南部の地区名。現在は日比谷公園に名をとどめる。徳川家康(いえやす)の関東入府後、日比谷入り江が埋め立てられ江戸城内堀内の大名屋敷地となる。明治期は陸軍練兵場が置かれた。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日比谷
ひびや

東京都千代田区南部、日比谷公園を含む一帯の通称。江戸以前には比々谷とも記し、日比谷入江とよぶ東京湾の続きであった。地名は魚やのりをとる(ひび)に由来するという。徳川家康入府以後、埋め立てられ、江戸城郭の内となり、譜代(ふだい)大名の屋敷地となった。明治になって陸軍練兵場(日比谷練兵場)となったが、1889年(明治22)練兵場跡地は公園と定められた。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日比谷の関連情報