富山湾(読み)とやまわん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富山湾
とやまわん

東部は黒部川河口西方の生地鼻(いくじばな)、西部は能登(のと)半島に限られた日本海の海湾。水深は1000メートルを超える。湾の中央部から北々西に延びる中央海嶺(かいれい)によって海底地形は東西に分かれる。西側は大陸棚が海岸から4~6キロメートルと比較的広く発達し、神通(じんづう)川、庄(しょう)川などの河口に続く海底谷が大陸棚を刻み、富山湾底から舟状形に長く日本海に延びている。大陸棚を利用して定置網漁業が行われている。東側は大陸棚の発達は不良で、すぐ深くなっている。湾岸は常願寺川河口以西は砂浜の海岸が多いが、以東は礫浜(れきはま)で、秋から冬にかけて低気圧が通過したあとに「より回り波」が発生し、海岸侵食が激しく護岸堤防が連続している。

 湾岸には生地、滑川(なめりかわ)、新湊(しんみなと)、氷見(ひみ)などの漁港のほか、富山、新富山、伏木(ふしき)の重要港湾があり、背後に工業地を控え、輸移出入港として発達している。

[深井三郎]

『藤井昭二編『富山湾』(1974・巧玄出版・富山文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山湾
とやまわん

富山県および石川県能登半島にいだかれた。中央の海嶺で東西の湾入に区別され,大陸棚は西側に広い。流入する河川の流路の延長上にはみごとな海谷が発達し,魚津の埋没林とともに新しい地質時代に海岸が沈水したことを示している。沿岸は特に東側で海岸浸食が激しく,海岸線の後退がみられる。タラブリイワシカツオなど寒暖両海流系の魚獲が多く,湾岸に魚津,滑川四方新湊氷見などの漁港がある。魚津,滑川の沖合いには4月から6月にかけて蜃気楼が現れ,ホタルイカの群遊がみられる。西部沿岸の有磯海 (ありそうみ) 一帯能登半島国定公園に属している。伏木港から富山新港を経て富山港にいたる港湾伏木富山港と呼ばれ,背後には富山高岡工業地域が形成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

富山湾【とやまわん】

富山県北部の湾。中央部の海嶺で東西の湾入に区分され,西側には大陸棚が発達。最深部は1000m以上。対馬海流の一部が能登半島を回って流入,波食で海岸線は後退している。タイ,ホタルイカ(群遊海面は特別天然記念物),イワシ,ブリなどが漁獲され,湾岸に魚津,滑川(なめりがわ)(共に蜃気楼で有名),新湊,氷見(ひみ)などの漁港があり,工業地帯も発達する。
→関連項目魚津[市]魚津埋没林神通川新湊[市]高岡[市]徳本峠富山[県]富山[市]七尾[市]滑川[市]能都[町]放生津放生津潟

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とやま‐わん【富山湾】

能登半島と黒部川河口西方の生地鼻(いくじはな)を結ぶ線で日本海から限られる海域。西側は大陸棚が発達し、東側は急に深くなる。特産物にホタルイカがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とやまわん【富山湾】

日本海のほぼ中央部,能登半島東側のほとけ)島と黒部川扇状地の突出部,生地鼻(いくじはな)で限られた海湾。沿岸部は,西部の灘浦と雨晴(あまばらし)の岬付近が岩石海岸であるほかは,平滑な曲線状の砂浜,砂礫海岸であり,夏は海水浴客でにぎわう。富山湾の海底地形は,富山平野を二分する呉羽(くれは)丘陵の延長上にある〈神通(じんづう)海脚〉の大突出によって西海区と東海区に分けられている。〈神通海脚〉以西の西海区では大陸棚が4~6kmと比較的広いが,黒部川扇状地地先の東海区では1~2kmと狭く平均傾斜約7度で水深800~1000mの海床に連続している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android