コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイクロコンバータ cycloconverter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイクロコンバータ
cycloconverter

ある周波数の交流を,その波形を直接組合せることにより,別の周波数の交流電力に変換する静止型周波数変換装置をいう。サイクロコンバータは整流回路と自励式インバータとを組合せた,いわゆるインバータ方式の周波数変換装置に比べて種々の特長をもつため,サイリスタ素子とその制御回路技術の急速な進歩と相まって,その実用化が活発である。交流電動機の駆動用電源などへの応用がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サイクロコンバータの関連キーワード無整流子電動機コンバーター電動機変換機

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android