コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交流電力 こうりゅうでんりょくAC power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交流電力
こうりゅうでんりょく
AC power

交流によってなされる単位時間あたりの仕事。単位はワット。ある瞬間の電圧電流の積を瞬時電力というが,交流ではこの値は刻々変化して,負の値になることもある。一般に交流回路では電源と負荷との間に絶えずエネルギーの出入りがある。そこで瞬間電力を1周期にわたって平均したものを交流電力と呼び,これに時間を掛けたものがその時間内に電源が回路に供給したエネルギーになる。電圧,電流の実効値をそれぞれ VI ,その間の位相差を θ とすれば,交流電力は VI cos θ で与えられる。回路で有効に使われるという意味で,これを有効電力という。 VI sin θ は消費されない電力で無効電力といい,単位はバール (var) である。 VI は見かけの電力で皮相電力といい,単位はボルトアンペアである。 (有効電力) 2+( 無効電力 )2=( 皮相電力 )2 の関係がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

交流電力の関連キーワード可変速駆動電動機システムパワーコンディショナーパワーエレクトロニクスインバーターエアコンサイクロコンバータ両サイクル発電所イーター電機工業インバーター制御サーボモーター自動周波数制御インバーター電源ユニットオルタネータ周波数変換所無効電力制御積算電力計周波数変換回転変流機インバータ交流電動機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android