波形(読み)ナミガタ

デジタル大辞泉「波形」の解説

なみ‐がた【波形】

のような。また、波をかたどった模様。「波形罫線」「グラフ波形を示す」
語句と語句との間に入れる「~」の記号数値や時間、場所の範囲を示すときや、語句の省略などに用いる。波ダッシュ波ダーシスワングダッシュ

は‐けい【波形】

波のように上下にうねる形。なみがた。
波が伝わるときの、一定位置での物理量の時間的変化、または一定の時刻での物理量の空間的変化をグラフで示したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「波形」の解説

は‐けい【波形】

〘名〙
① 波のように起伏した形。波状。なみがた。〔植物学語鈔(1886)〕
② 波の一定点における振動の模様を時間の経過に伴って連続的に表わした図形。また、一定時刻における振れの空間的変化を表わした図形。

なみ‐がた【波形】

〘名〙 波のようなかたち。また、波の動きのように、盛り上がったり低くなったりする動き。
※木工権頭為忠百首(1136頃)月「なみがたのみづまさ雲にかげくれて朧にみゆる月のふなかげ〈源仲正〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android