サイハイラン(采配蘭)(読み)サイハイラン(英語表記)Cremastra appendiculata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイハイラン(采配蘭)
サイハイラン
Cremastra appendiculata

ラン科の多年草ヒマラヤから日本を経てサハリン島まで分布し山地に生える。地下の鱗茎は白色,多肉卵円形に肥厚し,ラッキョウに似ている。その先端から1枚の大きな葉を出す。5~6月,葉の横から高さ 40cmほどの花茎を出し,15~20個の淡紫色の花を総状につける。花は細長くやや下向きに咲き各花被片は細く質が軟らかい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android