コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サスカチュワン川 サスカチュワンがわSaskatchewan River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サスカチュワン川
サスカチュワンがわ
Saskatchewan River

カナダ,サスカチュワン州南部を流れる川。名称は「急流」または「怒れる大河」を意味するインディアンの言葉に由来する。ロッキー山系に発する北サスカチュワン川 (約 1223km) ,南サスカチュワン川 (約 885km) が,アルバータ州の中部,南部をそれぞれ東流してサスカチュワン州のプリンスアルバートの東方約 50kmの地点で合流し,さらに東に流れ,いくつかの湖沼を経てウィニペグ湖に注ぐ。全長約 1930km。その大部分が衰退期の氷河の融水によってえぐられた深い渓谷を流れる。 1690年,毛皮交易を行なっていたハドソン湾会社の H.ケルジーによって初めて探検されたといわれ,毛皮交易の盛んな時代には重要な交通路の役を果した。流域の上流部は牧畜地帯,中・下流部はカナダの春コムギ地帯となっている。 1950年代の後半になって水力発電の開発が始められ,67年には南サスカチュワン川のサスカトゥーン南方約 100kmの地点に発電および灌漑用のガーディナーダムが完成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サスカチュワン川の関連キーワードプリンスアルバート国立公園サスカチュワン[川]スウィフトカレントエドモントン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android