コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッラーフ sarrāf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッラーフ
sarrāf

中世イスラム社会の両替商銀行家サイラフィーとも呼ばれる。貨幣取扱吏 (ジャフバズ) とともに都市の市場でディーナール金貨とディルハム銀貨の交換業務にあたった。商業取引が発達するにつれて,預金や貸付け,さらには送金業務をも兼ねるようになり,小切手 (ルクア) の現金化をも担当した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のサッラーフの言及

【両替】より

…しかし日常の取引決済には,各種の重量・金位をもつ法定・偽造の金銀貨幣,ならびに鋳込み地金,砕銀,粒銀が多く使用されている。したがって,それらを試金・計量して実質価値を評定し,手数料を徴収して両替に従事する両替商(サッラーフṣarrāf)の存在が必要であった。10~11世紀,バグダードのアウン街はこれらの両替商が軒を並べる金融街であった。…

※「サッラーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

サッラーフの関連キーワードディーナール金貨ディルハム銀貨サック