コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サツキツツジ(皐月躑躅) サツキツツジRhododendron indicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サツキツツジ(皐月躑躅)
サツキツツジ
Rhododendron indicum

ツツジ科の落葉低木。単にサツキと呼ばれることが多い。関東以西の河岸の岩などに自生があるが,また数百年も昔から栽培されている。花は5~6月頃,枝先に普通1個咲き,径5~6cmで朱赤色から紅紫色の花冠上面に濃紅紫色の斑点がある。また園芸品には,絞り咲き,咲分けなど変ったものが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サツキツツジ(皐月躑躅)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android