コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河岸 カガン

デジタル大辞泉の解説

か‐がん【河岸】

かわの岸。かわぎし。かし

かし【河岸】

《戕牁(かし)を立てる所の意からか》
川の岸。特に、船から荷を上げ下ろしする所。
川岸に立つ市場。特に、魚市場。
飲食・遊びなどをする場所。
河岸見世」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

河岸【かし】

古代・中世には船を繋ぐための杭・棹を〈かし〉といい,杵などと記した。のち船の荷揚げ場を〈かし〉といった。〈河岸〉は江戸時代に荷物や人の運送の便のため作られた川船用の着岸場をいう。
→関連項目作間稼駄賃稼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かし【河岸】

江戸時代に河川や湖沼の沿岸にできた川船の湊。古代~中世には船をつなぐために水中に立てる杭・棹を〈かし〉といい,牱または杵と表記した。船に用意しておき,停泊地で水中に突き立てて用いた(《万葉集》1190)。古代には〈かし〉が一種の呪力を有しており,停泊地の海底に穴をあけて清水を噴出させたり(《肥前国風土記》杵島郡の地名説話),海の向こうから国引きしてきた土地を固め立てたり(《出雲国風土記》)したという〈かし〉立て説話がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かがん【河岸】

川の岸。かわぎし。

かし【河岸】

川の岸。特に、船の荷物の積みおろしをする岸。
川岸に立つ市場。特に、魚市場。魚河岸。
何か事をする場所。特に、飲食や遊びをする所。
河岸見世 」に同じ。 「 -の客、八つを打ちて上るてやい/洒落本・通言総籬」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の河岸の言及

【河港】より

…明治期以前の日本では河川が重要な輸送路になり,奥地からは米や薪炭などが平底の小さい川船で下航し,海岸からは塩や塩乾魚などが上航していた。各河川沿岸には多数の船着場が散在し河岸(かし)と呼ばれていたが,流域が狭く河谷勾配の急な河川には大型の川船を通すものがなく,河港の荷役量はいずれもわずかであった。例外的に発展したのは近世の伏見港で,淀川航路によって大坂との間に貨物や旅客がさかんに往来し,明治期には小汽船がこの航路に導入された。…

【水運】より

…とくに内陸水運(河川・湖沼水運)の開発は盛んで,仙台藩による北上川改流や幕府による利根川水系改流は,その代表的なものである。水運路の開発と並んで,内陸水運の湊である河岸(かし)の創設も行われた。利根川中流の八町河岸や権現堂河岸は幕府代官の手によって年貢米輸送のために取り立てられた。…

【浜】より

…砂浜を指すことばとしては,ウタ,ナゴ,ヨリアゲ,ユリアゲ,それに関東から東北にかけてスカなどが,古来より使われている。なお,大阪では河岸(かし)のことを浜とよんだ。浦・浜【高桑 守史】。…

※「河岸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河岸の関連キーワードドニエプロペトロフスク栃木県栃木市藤岡町新波栃木県栃木市藤岡町部屋群馬県伊勢崎市三光町埼玉県ふじみ野市福岡繋ぎ船・繫ぎ船ボードウオーク埼玉県幸手市北リバーフロントケ・ドルセーウタちゃんケドルセーだんQくん湿地草原河成段丘低水工事河岸揚げ乙女河岸リンクス陣を取る

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河岸の関連情報