コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サトクリッフの発達理論 Sutcliffe's development theory

法則の辞典の解説

サトクリッフの発達理論【Sutcliffe's development theory】

低気圧の発達,衰弱を予測する近似式.上下二つの等圧面(それぞれ添え字0 (下)と1(上)で示す)の間の相対発散を表す式は,渦度方程式から下のような形に導かれる.

ここで f はコリオリ因子,∇p は等圧面上でのナブラ演算子,v は風速ベクトル,vT は温度風,&partial;/&partial;svT 方向の微分,ζ0 は下の面における相対渦度の鉛直成分,ζ‘ は温度風渦度である.二つの等圧面として1000hPaと500hPaを選んだ場合,右辺の値がプラスなら低気圧は発達し,マイナスならば衰弱する.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android