コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦度方程式 うずどほうていしきvorticity equation

海の事典の解説

渦度方程式

運動方程式の回転をとって得られる、渦度に対する方程式。絶対渦度をζ、速度ベクトルをu、外力をF、 比容(密度の逆数)をα、圧力をpとして、Dζ/Dt = -∇(1/ρ)×∇ρ+(ζ・∇)u - ζ∇・u + ∇×(F/ρ)で表される。左辺第一、二項は絶対過度の時間変化と移流、第三項、第四項は渦柱の伸び縮みによる変化と渦柱の傾きが変わることによる変化を、右辺は等密度 面と等圧面が平行でないことからくる傾圧項である。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

渦度方程式の関連キーワードサトクリッフの発達理論

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android