コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サボン草 サボンソウ

デジタル大辞泉の解説

サボン‐そう〔‐サウ〕【サボン草】

ナデシコ科の多年草。高さ20~80センチ。夏、桃色の5弁花を開く。葉や根にサポニンを含むので水に浸すと石鹸(せっけん)水のように泡を出す。根を去痰(きょたん)薬などに用いる。ヨーロッパ・アジア西部の原産で、花壇などに栽培される。サポナリア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

サボンそう【サボン草】

ナデシコ科の多年草。明治初年、ヨーロッパから渡来し、観賞用に栽培。全体にサポニンが多く、古くから洗剤とされた。乾燥した根茎は薬用。高さ60センチメートル 内外。夏、枝端に淡紅色または白色の五弁花をつける。サポナリア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サボン草の関連キーワードナデシコ科根茎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android