コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花壇 カダン

6件 の用語解説(花壇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐だん〔クワ‐〕【花壇】

庭などで、一部分を区切り土を盛り上げるなどして草花を植えた所。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

花壇【かだん】

特定の定義はないが,花畑を考案して美しく楽しむために植え込んだ形式をいう。それぞれの国がらによりその様相が異なり,フランス式,イギリス式あるいはスペイン式花壇などと呼ばれ,またその植え方により,草丈の低い草花を色彩的にデザインした毛氈(もうせん)花壇,小道に沿って設けた帯状の境栽花壇,公園などの中央に周囲から眺められるよう中心部を高くして設けた寄植花壇,周囲から見下ろせるよう低く設けた沈床花壇などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

花壇

植物を植栽または展示する造園技法、または園芸技法のひとつ。土壌を煉瓦や擁壁等で囲み、その中に草本類を植栽するもので、日本庭園にはあまり見られず西洋式庭園の整形式で好んで用いられる手法である。毛氈花壇・リボン花壇・境栽花壇・寄せ植え花壇など、様々な種類のものがある。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かだん【花壇 flower bed】

花壇という言葉は江戸時代の園芸書《花壇綱目》(1681)に初めてあらわれた。その後キクやシャクヤクなどを配植した場所や,キクやサクラソウなどの鉢植えの草花を陳列する場所をさすようになり,現在では庭園の一部に形や色で意匠をまとめ花を植える場所を花壇と呼んでいる。都市の発達とともに,公園や公共の広場や道路沿い,学校,遊園地,個人住宅の庭に,四季を通じて人目をたのしませる目的でつくられる。ヨーロッパでは貴族の庭園の造成に伴って,局部的に季節の花を植え込んだのがその始まりだろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かだん【花壇】

草花を植えるために、土を盛り上げたり仕切りを設けたりした所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花壇
かだん

庭園を装飾するために一、二年生草花、宿根草花、球根草花、そのほかの装飾草花、木本類、花木類などをある意匠のもとに配植したものをいう。広い意味では野草なども入る。したがって、一般には花壇というとできあがった材料を植え込んだ毛氈(もうせん)花壇だけを考えがちであるが、規模によっては実生(みしょう)や稚苗から育てる場合もある。
 庭園や室内に花壇をつくる場合には、その場所ならびに環境にどのような樹木、下草、芝、地被植物があるか、池や敷石、石組みなどの形、色、大きさ、デザインがどういう状態であるか、建物のどちら側に位置するか、和風か洋風か、地形はどうなっているかなど、造園上の条件を十分に考慮してデザインしなければならない。[川上幸男]

歴史

一般には、住居に接近した平地に一段高く花床を設けて、ボタン、シャクヤク、キクなど観賞植物を植えたのが、花壇の始まりと考えられる。江戸時代作庭の岡山後楽園のボタンの花床などが想像される一つである。その起源はさらに古く、平安時代の壺(つぼ)や前栽(せんざい)などにさかのぼることができる。壺は坪のことで庭をさしたが、いまでも京都御所の萩壺(はぎつぼ)などは代表的なものといえよう。前栽は庭園内に植えられた草花や低木類のことで、その起源は嵯峨(さが)天皇(在位809~823)のころではないかといわれている。前栽合(あわせ)という催しは古くから中国で行われていた草花の優劣を競うもので、わが国では901年(延喜1)に最初に催されたという。初めのうちは秋の野草などが植えられ、しだいに春や夏の草花も加えられた。なお、花壇ということばは江戸時代、寛文(かんぶん)年間(1661~73)に出た園芸書『花壇綱目』に初めて使われた。
 外国での花壇の発祥は日本よりもさらに古く、西洋庭園の発展とともに庭を装飾する意味でかなり華美な形で生まれたものである。花壇という概念が社会に生まれたときには、すでに西洋では毛氈花壇(カーペット・ベッド)と境栽花壇(フラワー・ボーダー)の形式ができていた。それが現代に至るまでいろいろな形で発展してきている。
 フランスのルイ王朝のベルサイユ宮殿の庭のフランス式庭園にみられるような毛氈花壇などは、現在でも世界各地で模倣されている。現代の花壇はなるべくシンプルな線を使い、単純な図形で庭の中の位置づけや構成を考えたものが多く、また、定形的なものではなく無定形のなかに美を追求しようという傾向が強くなりつつあり、狭いわずかの空間にも応用していこうというねらいが強い。空間を有効に使おうということで、ボックス、ポール、アーチ、フェンス、トレリス(格子垣)、パーゴラ(格子状のトンネル)などを使った立体化はつる植物の開発進展によっていっそう盛んになりつつある。[川上幸男]

種類・デザイン・縁どり

大別すると平面花壇(ドワーフ・フラワー・ベッド)と立体花壇(トール・フラワー・ベッド)とに分けられる。[川上幸男]
平面花壇
矮性(わいせい)の草花、木本材料を植え、平面図案をみるような形の花壇。多少の高低があっても差し支えない。モザイク模様のように模様式に高さをそろえて低くできている花壇を毛氈花壇といい、道に沿って帯状に細くつくったものを縁どり花壇、またはリボン花壇という。[川上幸男]
立体花壇
比較的草丈の高いものを植えた花壇。高低があっても差し支えなく、立体的に空間を活用している花壇である。建物とか道に沿ってできている境栽花壇、芝生内・玄関前など四方から眺められるように中心に従って高いものを植えていく寄植え花壇と、建物の壁面、フェンス、トレリス、ポール、アーチなどの立体面、それにベランダ、バルコニー、テラス、窓辺、サンルームなど室内と屋外との重なり合ったスペースでの花壇とがある。
 次に応用的に種類をあげてみよう。
(1)趣味別 和風、洋風、折衷式。
(2)用途別 観賞本位、切り花向き、野菜、日陰利用、斜面利用など。
(3)植物別 一~二年生草花、宿根草花、球根草花、観葉植物。
(4)生態別 山地、海浜、湿生、乾生、水生、アルカリ土など。
(5)四季別 春、夏、秋、冬。
(6)場所別 家庭、学校、工場、駅前、病院、屋上、広場、橋のたもと、室内、窓下など。
(7)特定の草花別 チューリップ、シャクヤク、ダリア、キク、ハナショウブ、パンジー、ツツジ、山野草、サボテンなど。
(8)特殊花壇 時計花壇、花鉢、日めくり花壇など。日めくり(カレンダー)は花を使って月日を日々表すもの。
 花壇のデザインは無限にあるが、現代住宅をはじめとして現代建築に相応するデザインでなければならない。自然曲線の多い和風の庭の中では不整形の環境に調和した形で、キク、シュウカイドウ、オダマキ、シオン、シラン、ヘメロカリスなどを植えていくとよい。
 縁どりは植物材料として、クサツゲ、リボングラス、ハクチョウゲ、ロニセラ、ボックスウッドなどがあり、死物材料としてブロック、れんが、大谷石、鉄平石、スレート、丸太などがある。[川上幸男]

花壇用草花

草花の色は花弁などが主であるが、葉、つぼみ、萼(がく)、茎、枝などの色合いも緑を中心として変化があり、全体として大きな役割を果たしている。花弁の色でいうと、黄とオレンジのように互いに近似した色を配するよりも、黄と赤、青とオレンジのような配色がよく、白が入るとなお引き立つし、建物、工作物、施設の色との対比、調和もたいせつである。季節のカラーとしては、春は紅、オレンジ、ピンク、夏は青、紫、白、秋はオレンジ、黄、赤、冬は赤2に白1の割合などで考えるとよくまとまる。色ばかりでなく花や葉のもっている量感を対比させることもたいせつである。
 花の咲く時期、期間なども草花を選ぶときのだいじな条件である。1か月でも空白にすると寂しいものになる。狭いスペースにはいろいろな種類を過剰に集めないで、なるべく必要最小限の種類に限定しておくとうまくいく。花壇に使う花は一つ一つはあまり問題ではなく、全体として集合美をとらえるわけであるから、見ごたえのあるものにするには環境全体としての組合せを重視する。[川上幸男]

管理計画

花壇の管理は、中耕、施肥、摘芯(てきしん)、摘花、整枝、病虫害防除、植え替え、育苗などを考慮して長期にわたる観賞計画を目標としたものにする必要がある。
 年間、月間の予定作業計画をたて、予想開花期表とにらみあわせて週間の作業実施目標をたてる。基本的に問題になるのは植え付け間隔と前後作の組み込みで、種類、品種間による広がり率を把握することがたいせつであろう。これは土質によっても差異が出るので注意を要する。横の広がりと生育高とがかならずしも均一にならないので、施肥、整枝によって調節するか、思いきって植え替えをする。品種の特性をよく調べて後作の種類を選ぶことがたいせつである。たとえばパンジーは普通種は春咲きが多いが、小輪は5、6月でも長く咲くので、普通種が咲いている春のころに小輪種の小苗を間に植えておくと引き続き観賞できる。球根のグラジオラスを植え込んでもよい。さらに宿根草を組み入れると、植え替えはずっと楽になり、四季の変化も生まれてくる。別途にプランターなどで予備苗をつくり、植え替え転換期に活用することも計画に盛り込むとよい。[川上幸男]
『川上幸男著『緑の設計』(1979・有明書房) ▽安田勲著『花壇作りと花卉栽培』(1976・養賢堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花壇の関連キーワードエープリルフール境栽ベゴニアセンパフローレンス趣味の園芸伊藤伊兵衛(3代)志水閑事菅井菊叟水野元勝屋代通賢養寿軒雲峰

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花壇の関連情報