コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃色 ももいろ

色名がわかる辞典の解説

ももいろ【桃色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい」としている。一般に、バラ科の落葉果樹モモの花のような淡く薄い紅色のこと。古くは桃染、桃花染ともいったが、キク科ベニバナで薄く染めた色と考えられている。一方、古くはモモの花で染色していたとする説もある。英名ピンク(pink)の訳語として用いることもあるが、ピンクはナデシコ科ナデシコ属植物の花の色であって意味が違う。JISの色彩規格でも異なる色としており、ピンクより桃色の方が赤みが少し強い。ただし、JISには撫子なでしこが定義されていないため、ピンクの訳語として和名の撫子色が適当とは断言できない。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もも‐いろ【桃色】

桃の花の色。うすい赤色。淡紅色。ピンク。
男女間の色情に関すること。「桃色遊戯」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ももいろ【桃色】

桃の花の色に似たうす赤色。淡紅色。ピンク。
男女の色情に関すること。 「 -遊戯」 「 -事件」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

桃色の関連キーワードクサウラベニタケ(臭裏紅茸)もいちどロマンス~街角物語~イッポンシメジ(一本占地)ブリリアント・イエロー眼球ミグマタイトスターフロックスドウビッソナイトキャンデータフトチェリーピンクゼフィランサススノーアルジーメルモモちゃん灰色ペリカンハニーローザぴょんどせるサフラン擬コバルト華ベルゲニアロドトルラビスカリア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桃色の関連情報