サマンサ ストーサー(英語表記)Samantha Stosur

現代外国人名録2012の解説

サマンサ ストーサー
Samantha Stosur


国籍
オーストラリア

専門
テニス選手

生年月日
1984/3/30

出身地
オーストラリア ブリスベン

経歴
8歳でテニスを始める。1999年プロに転向。2005年全米オープン女子ダブルス、2006年全仏オープン女子ダブルスで優勝。2007年感染症のライム症に罹ったのを機にダブルスの出場を減らし、シングルスに力を入れる。2009年全仏オープンで初めて4大大会の4強入り。大阪で開催されたHPジャパン女子オープンでツアー初制覇。2010年全仏オープン女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムス(米国)に敗れ準優勝。全米オープンは8強。同年WTA世界ランキング・シングルス6位。2011年全米オープン女子シングルス決勝ではセリーナを破り4大大会初優勝を飾った。オーストラリア勢の4大大会優勝は31年ぶり。172センチ、65キロ。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

サマンサ ストーサー
Samantha Stosur
テニス

テニス選手
生年月日:1984年3月30日
国籍:オーストラリア
出身地:クイーンズランド州ブリスベーン
経歴:8歳でテニスを始める。1999年プロに転向。リサ・レイモンド(米国)とペアを組み、2005年全米オープン、2006年全仏オープンの女子ダブルスで優勝。2007年感染症のライム症に罹ったのを機にダブルスの出場を減らし、シングルスに力を入れる。2009年全仏オープンで初めて4大大会の4強入り。大阪で開催されたHPジャパン女子オープンでツアー初制覇。2010年全仏オープン女子シングルス決勝でセリーナ・ウィリアムズ(米国)に敗れ準優勝。全米オープンは8強。同年WTA世界ランキング・シングルス6位。2011年全米オープン女子シングルス決勝ではセリーナを破り4大大会初優勝を飾った。オーストラリア勢の4大大会優勝は31年ぶり。五輪は、2004年アテネ五輪、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪と3大会に出場しているが、それぞれ1回戦、2回戦、1回戦で敗退。172センチ、65キロ。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サマンサ ストーサーの関連情報