サマーラ人造湖(読み)サマーラじんぞうこ(英語表記)Samara Vodokhranilishche

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サマーラ人造湖
サマーラじんぞうこ
Samara Vodokhranilishche

ロシア,ボルガ川中流部にある同水系最大の人造湖。1957年完成。長さ 595km,最大幅 40km,面積 5957km2,平均水深 8m,貯水量 523億m3。ボルガ川最大の支流であるカマ川が流入する。サマーラ州,ウリヤノフスク州,タタルスタン共和国,マリエル共和国,チュバシ共和国にわたり,沿岸にはチェボクサルイ,カザン,ウリヤノフスク,トリヤッチグラードなどの諸都市がある。ダムはジグリョーフスクにあり,発電能力は 230万kW。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android