コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュバシ共和国 チュバシChuvashiya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュバシ〔共和国〕
チュバシ
Chuvashiya

ロシア西部にある共和国。 1920年自治州として設立され,25年自治共和国,90年共和国となった。首都チェボクサルイ。カザン上流のボルガ川南岸に位置し,北部は同川沿岸平野,南部は沿岸丘陵の北端部をなす丘陵となる。西部はスラー川,中部は大・小ツィビリ川,東部はスビヤガ川の流域に属する。森林地帯から森林ステップへの漸移地帯にある。大陸性気候で,1月の平均気温は-13℃,7月は 19℃。年降水量 450~500mm。チュルク語系民族であるチュバシ人の国で,チュバシ人が住民の約 70%を占め,次いでロシア人が約 25%を占める。住民の 40%以上が農村に居住し,ライムギ,コムギ,タイマ,ジャガイモ,アマ,テンサイなどの栽培と乳牛飼育に従事する。ボルガ川沿岸ではリンゴ,アンズなどの果樹栽培も盛ん。工業は第2次世界大戦後発展し,チェボクサルイ,アラトゥイリカナシなどの都市を中心に,機械 (電機,自動車,機関車) ,木材加工,繊維,皮革,化学,食品などの工業がある。主要交通路はモスクワとカザンを結ぶ幹線鉄道,チェボクサルイを中心に延びるハイウェーで,ボルガ川の水運も盛んである。面積1万 8300km2人口 134万 6200 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チュバシ共和国の関連キーワードモルドビア[共和国]チュバシ[共和国]サマーラ人造湖シュメルリャチェボクサリチュバシ語ニコラエフチュバシアロシア連邦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android