ウリヤノフスク

デジタル大辞泉プラスの解説

ウリヤノフスク

《Ulyanovsk》旧ソ連海軍が建造を計画していた原子力空母。1995年前後の就役を目指して1988年にウクライナで起工されたが、1991年のソ連邦崩壊をうけて建造中断。解体破棄となった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウリヤノフスク【Ul’yanovsk】

ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアの東部,同名州の州都人口68万1400(1993)。ボルガ川中流の右岸にあり,旧称シンビルスクSimbirsk。金属加工工業,機械工業,自動車工業,食品工業などがさかんで,大学,劇場,博物館がある。1648年にロシア南東部の防衛拠点として建設され,18世紀末から州都。工業の発展はおもに第2次世界大戦後で(1939年の人口9万8000),20世紀初頭までは停滞的な地方都市であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリヤノフスク
うりやのふすく
Ульяновск Ul'yanovsk

ロシア連邦西部、ウリヤノフスク州の州都であるシンビルスクの1924~1991年の名称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android