サモサタ(英語表記)Samosata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモサタ
Samosata

ユーフラテス川上流の右岸にあった古代城塞の町。現トルコのサムサト。ヒッタイト起源と思われ,前 708年アッシリアの支配下に入る。前2世紀シリアに成立したコマゲーネ国の王たちの居住地となり,商業・戦略上の要地であった。紀元 72年にローマの支配下に入り,359年にはここでローマ軍がササン朝ペルシアに敗れた。 637年にアラブの支配下に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android