コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモサタ Samosata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモサタ
Samosata

ユーフラテス川上流の右岸にあった古代城塞の町。現トルコのサムサト。ヒッタイト起源と思われ,前 708年アッシリアの支配下に入る。前2世紀シリアに成立したコマゲーネ国の王たちの居住地となり,商業・戦略上の要地であった。紀元 72年にローマの支配下に入り,359年にはここでローマ軍がササン朝ペルシアに敗れた。 637年にアラブの支配下に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

サモサタの関連キーワードグレゴリウス・タウマツルグスルキアノス[アンチオキア]エウセビオス[サモサタ]パウロス[サモサタの]アンティオキア学派モナルキアニズムフェリクス1世キリスト養子説ルキアノスパウロ派

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android