コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サモサタ Samosata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サモサタ
Samosata

ユーフラテス川上流の右岸にあった古代城塞の町。現トルコのサムサト。ヒッタイト起源と思われ,前 708年アッシリアの支配下に入る。前2世紀シリアに成立したコマゲーネ国の王たちの居住地となり,商業・戦略上の要地であった。紀元 72年にローマの支配下に入り,359年にはここでローマ軍がササン朝ペルシアに敗れた。 637年にアラブの支配下に入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サモサタの関連キーワードグレゴリウス・タウマツルグスルキアノス[アンチオキア]エウセビオス[サモサタ]パウロス[サモサタの]アンティオキア学派モナルキアニズムキリスト養子説フェリクス1世ルキアノスパウロ派

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android