右岸(読み)ウガン

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐がん【右岸】

〘名〙 川または谷の、下流に向かって右の方の岸。
※颶風新話(航海夜話)(1857)初「リッサボン(〈注〉地名)はターグ(〈注〉川名)の右岸にあると書てあった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右岸の関連情報