コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラン・レ・バン Salins‐les‐Bains

世界大百科事典 第2版の解説

サラン・レ・バン【Salins‐les‐Bains】

フランス東部,ジュラ県の町。人口4181(1982)。ジュラ山脈西縁の峡谷にある温泉保養地。標高360m。木工業,陶磁器製造も盛んである。高濃度の食塩泉が湧出するので,製塩はガロ・ロマン時代から19世紀半ばまで重要な産業であった。今日,食塩泉は子どもの発育不良,関節炎,婦人病などを治療する温泉療養所が使用している。サンタナトアール教会はフランシュ・コンテ地方におけるロマネスクゴシック様式が混合した傑作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サラン・レ・バンの関連キーワードゾシムスペラギウスペラギウスエウラリウス過失相殺C型肝炎と薬害訴訟徳島・香川トモニ市場~ふるさと物産館~日韓の留学生数外国人観光客の訪問率エパミノンダス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android